株で確実に儲ける


株で儲ける

株で確実に儲けるには

株で儲けるのは、ずっと値動きを追える環境にある人ならば可能です。

日々、値動きを追っていると定期的に不自然に上昇する銘柄や、そろそろ動くかもと思える銘柄が見えてきます。
数日間で少しずつ値を上げてきている銘柄を、毎日追っていると突如上げる日がきたり、あまり動きの無かった銘柄で前日少し上げて終わっている銘柄の値動きを追っていると突然上がりだしたりすることがあります。
毎日毎日、板をながめ、値動きをチェックし、チャートをチェックしているうちに、そういう気になる銘柄が増えてきます。

気になるからといって、動いてもいないのにポジションをとったりはしません。
資金が止まってしまいますからね。
資金が有り余っている人はいいかもしれませんが、少額の資金しかない人が株で儲けるためには回転の速さが重要です。

そういう銘柄の板をパソコンモニタに並べて、じっと追っていると動き始めが見えます。
株価が動き始めてからでいいのです。
当然、株価が上がり始めてからポジションをとりますので初動の部分はとれません。
そして、下がり始める前に売り。
要するに、上がっている途中に乗って、上がっている途中に降りる。

最安値で買って最高値で売れれば一番良いのでしょうが、これに固執すると、値が動いてから買いに入る時に「もっと安い時から見ていたのに…」とか、高値からの下げ始めにも利益が減ったことで「あの時に売っておけば」という思いから売り時を逃してしまう事があります。
挙句の果てに、塩漬けになり資金が止まり、他のチャンスを逃してしまうということになってしまいます。
初めから確実に途中だけを狙って儲けると割り切っていると、変な後悔や無謀な期待をしなくて済みます。

それとロスカットの決断ですが、上がっている途中に乗って、少しの利益を稼ごうということなので、上がっている途中のはずのものが下がったら、即行ロスカットなわけです。
わかりますか?どこまで下がったらロスカットなどと悠長に考えている余裕はないのです。下げの動きが見えたら切るのです。
これも思惑が外れて、その後上がることがあります。しかしキズが浅ければ少しの損などは、すぐに取り返すことができます。

ロスカットしても手数料も安いので損は知れています。一昔前なら手数料損だけでも結構大きいなって感じもありましたが。

「手数料分の損もしたくないから、あと1円上がったら売ろう」などと考えていると数千円のために数万円の損をします。
もしくは、塩漬けで資金ストップです。



株で生活費



▲ ページトップに戻る
株初心者